悪質であるかどうかを見分けるのはちょっと大変だと思います。

悪質なサイトの見分け方
悪質なサイトの見分け方

悪質であるかどうかを見分けるのはちょっと大変だと思います

悪質なサイトの見分け方
悪質であるかどうかを見分けるのはちょっと大変だと思います。楽天やYAHOO!、Amazonなどで商品を購入するのは、お店なども審査されたうえで加入していると思っているので、比較的安心なのかなと思います。それでも、楽天などはお店がたくさんあるので、商品のレビューが多く書かれている店や、またそのレビューの評価が高い店でできるだけ利用するようにしています。
支払方法も振込が先だったりするのは、商品が届かない可能性を考えると心配なので、カードや代引きを利用できる店を選ぶのが安全だと考えています。ただ、大手でも最近ニュースになったように、定価の何倍もの価格なのにセール品として表示していたりすることもあるようなので、その商品の相場を調べておくというのも重要だと感じます。
ブランド品なのに、とても安い価格で表示しているサイトなども注意が必要です。
ブランド品なのに90%オフというのも怪しい感じがしますし、なによりそのようなサイトは日本語表記がおかしかったり、会社概要がきちんと書かれていなかったりするので、おかしいなと思うような点のあるサイトは利用しないことが重要だと思います。

注目情報

Copyright (C)2018悪質なサイトの見分け方.All rights reserved.