仕事でも個人的にも、ほぼ毎日のようにネットを利用しています。

悪質なサイトの見分け方
悪質なサイトの見分け方

仕事でも個人的にも、ほぼ毎日のようにネットを利用してい・・・

悪質なサイトの見分け方
仕事でも個人的にも、ほぼ毎日のようにネットを利用しています。ネットでお買い物したり、ゲームしたり、SNSで情報交換もやっています。
ただ最近、気になるのが悪質サイトの横行です。
通販サイトやネットバンクにも、本物そっくりに作った悪質サイトが有り、どんどん増えているそうです。
ネットバンクを装った悪質サイトは、かなり精巧で見分けるのも難しいとか。
見分け方としては、SSL通信を使っているかどうかと、公式サイトのURLになっているかを確認することです。
また通販サイトの場合、見分ける方法としては、まず会社概要をチェックします。悪質なサイトの場合、不自然な住所や存在しない番地の場合が多いです。
住所をコピペして、地図サイトで検索してみて、本当にビルや番地が存在するか確認します。
また電話番号が載っている場合、実際に電話して会社名などを確認します。「電話が現在使われていません」や、留守番電話、転送電話の場合はかなり怪しいので、そんな通販サイトは利用しないようにしています。
また支払い方法が銀行振込のみの場合や、クレジットカードが使えないサイトも悪質サイトの可能性大です。
振込名義人も会社名でなく、個人名だったりすると、完全に怪しいと言えます。

注目情報

Copyright (C)2018悪質なサイトの見分け方.All rights reserved.